NO IMAGE

東洋大が亜大に雪辱/東都

 東都大学野球秋季リーグ戦第4週第2日(28日、東洋大5-3亜大、神宮)五回に先制点を許した東洋大は六回、代打出場の主将・山崎基輝捕手(4年)の中前適時打で追いついた。七回には8番・広岡隆成捕手(2年)が無死二、三塁で右中間へ勝ち越し2点二塁打。さらに2点をくわえ突き放した。先発した右腕・松沢海渡投手(2年)は6回4安打1失点で今季初勝利、東洋大は2勝6敗、亜大は6勝2敗。...