NO IMAGE

広島・遠藤が6回9奪三振の粘投も実らずV逸が決定

◆ 優勝の可能性が消滅…  広島の高卒3年目右腕・遠藤淳志が21日の阪神戦に先発登板。6回を投げて2失点、自己最多タイの9奪三振と存在感を示したが、援護に恵まれず敗戦を喫した。  遠藤は初回、いきなり先頭の近本光司にヒットを打たれると、すかさず二盗を決められて得点圏に走者を背負う展開。その後、三盗を狙った近本を女房役の會澤翼が刺し、ピンチを脱したかに見えたが、続く糸原健斗に7球粘られて ...続きを読む...