孫オーナーからの祝電に驚き「恐縮」した野村克也氏

1977年(昭52)の南海監督解任で、ホークスとは永遠の決別と思われたが、野村さんにもノスタルジーがあった。京都・丹後の生まれ。父親の戦死で貧しく苦しく育った野村さんにとってみれば、南海というチームは父親代わりでもあったかもしれない。 …

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする