東海大、井尻新監督を発表 昨秋に野球部員が大麻使用

 首都大学野球リーグの東海大は18日、新監督にOBで元日本生命監督の井尻陽久氏(68)が就任すると発表した。昨秋に複数部員の大麻使用が判明。日本学生野球協会審査室会議でことし1月16日まで3カ月の対外試合禁止処分を科され、安藤強監督が辞任した。2月1日に活動を再開する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする