駒大、投打かみ合う 大倉監督「「落ち着いて守ることができれば…」/東都

 東都大学野球秋季リーグ第5週第1日(3日、東洋大1-12駒大、神宮)駒大は竹本が1失点で完投し、打線は12点を挙げた。開幕から5連敗と苦しい試合が多かったが、ようやく投打のかみ合う試合を見せ、大倉監督は「落ち着いて守ることができればこうした試合運びができる」と苦笑いした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする