近大・佐藤に5球団1位競合へ 指名公表「うれしい」「ワクワクはしています」

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1603656730/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJI

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/26(月) 05:12:10.85 ID:CAP_USER9
 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は、新型コロナウイルスの感染防止策としてオンライン形式で26日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。1位指名で競合が確実な近大・佐藤輝明内野手(4年)は25日、奈良・生駒市の野球部グラウンドで取材に応じた。オリックスに続いて、この日はソフトバンク、巨人が1位指名を公表。阪神なども含めて最大5球団で競合の可能性もある左打ちスラッガーが、運命の時を待つ。

 ドラフト前日も、いつものように自然体だ。午前8時半からグラウンドで練習。フリー打撃では柵越え3本を放ち、報道陣に囲まれた佐藤は「あしたか、という感じ。緊張することはないですね。ワクワクはしています」と心境を明かした。

 午前中にパ・リーグ首位のソフトバンクが1位指名を公表した。9月末に城島健司・会長付特別アドバイザーが視察するなど、熱視線を送り続けていた。

 「層がメッチャ厚いじゃないですか。2軍の球場とか施設もすごい。日本で一番強いぐらいのチーム。評価してもらったんで、それはうれしいです」と感謝。チームには自身と同じく、ももいろクローバーZのファンの先発右腕、石川がいる。「チームメートになったら話をしようと思います」とほほ笑んだ。

 さらに夕方になって、セ・リーグ首位の巨人・原監督も1位指名を表明。指揮官はかしわ手を打って「何とかという感じ。非常にスケールの大きい、三拍子そろった選手ですね」と熱烈なラブコールを送った。

 13日にオリックスがいち早く1位宣言しており、セ・パで優勝目前の2球団を含めた競合は確定。阪神も和田テクニカルアドバイザーがリーグ戦を5度視察し、19日は9人体制でチェックするなど熱心だ。若手の先発が豊富な西武も注目しており、最大5球団の争いとなる可能性もある。三塁、一塁に加えて外野も守れる長距離砲が野手トップの評価で最速155キロ左腕の早大・早川と人気を二分している。

 今秋は近大の先輩でもある巨人・二岡3軍監督の、リーグ記録を更新する通算14本塁打を達成。前日23日は、秋季リーグ戦の3季ぶり優勝が決まり、この日は18年秋以来の最優秀選手(MVP)に選ばれた。「チームとしてやってきて粘り強くできた。優勝を目指してやってきたんで、うれしいです」と、いいこと尽くめだった秋は、26日のドラフト会議でクライマックスを迎える。

 験担ぎは「3年生のときは、試合の前にレトルトカレーを食べていたが…。ないですね」と笑った大砲だが、「きょう、切りにいこうかなと思います」と練習後には散髪に向かった。プロの舞台へ-。運命の時を、泰然自若で待つ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c35470fd588828b5014f2b5fb021dc5c400b115
10/26(月) 5:00配信

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする