阪神ファン松井秀喜が「巨人松井」になった運命の日

ドラフト当日を、よく「運命の日」と言ったりする。評価が微妙な立場の候補にすれば指名されるか、されないか、が大きな問題だが、目玉候補は違う。どの球団が交渉権を獲得するのか-。 松井秀喜はそうだった。星稜の4番で甲子園を沸かせた。当時の弊紙…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする