阪神大山適時打 打点は首位と4差バース以来2冠へ

阪神大山悠輔内野手(25)が「2冠」を射程圏内に入れた。初回に逆転の2点適時打を放ち、チームを5カードぶりの勝ち越しに導いた。打点は74となり、リーグ3位タイで、トップの巨人岡本に4点差に迫った。本塁打、打点の2部門は激しいタイトル争い…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする