ソフトバンク気迫ドロー、大一番へ「気合入る」監督

ソフトバンクのリリーフ陣が執念投球で、延長10回引き分けに持ち込んだ。工藤公康監督(57)は、すぐに次の戦いへ目を向けた。9日から2位ロッテを福岡に迎えての3連戦だ。「大一番のロッテというところ。選手たちも自ずと気合が入ると思う」。終盤…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする