ソフトバンク武田、3発被弾も2勝目「根性で」

先発のソフトバンク武田翔太投手が3本のソロを浴びながらも、7回途中3失点の粘投で2勝目を手にした。「調子は悪くなかった。自分の中で落ち着いて投げられた。ホームランを打たれてしまったことは反省しないといけないし、次の登板に生かさないといけ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする