ヤクルト奥川がブルペン入り 捕手座らせて30球

上半身のコンディション不良で調整中のヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が9日、戸田球場でブルペン入りした。 ノースロー調整を経て、4日に続いて2度目のブルペン入り。座った捕手に30球を投げた。バランスやコントロールを重視しての投…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする