【巨人】中田翔、懸命プレーでアウトもぎとる 右翼方向へ流れた送球を全身使って捕球

巨人中田翔内野手(33)が、今日も懸命なプレーで盛り上げた。3回、中日三ツ俣の投直をシューメーカーがはじいた打球を、遊撃手の中山が素手で拾って一塁へ。送球が右翼方向へ流れたが、中田が全身をフルに使って捕球し、間一髪でアウトになった。捕球…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする