巨人大竹13試合ぶり失点 古巣広島から痛恨被弾

巨人大竹寛投手(37)が13試合ぶりの失点を喫した。同点の8回に4番手でマウンドへ。先頭の代打坂倉への初球、131キロスライダーを右中間席に運ばれ勝ち越しを許した。 7月16日の広島戦での失点を最後に、12試合連続無失点を続けていたが、…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする