オリックス・ラオウ杉本裕太郎執念の同点打 吉田正尚激走クロスプレー生還

先制を許したオリックスが4番杉本裕太郎外野手(30)の執念の適時打で同点に追いついた。 0-1の4回2死。吉田正尚外野手(28)がヤクルト先発原樹理投手(28)から右翼線へ二塁打を放ち、2死二塁と好機をつくった。 続く杉本はフルカウント…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする