オリックス・山岡が紅白戦で3カ月ぶり実戦登板「あとはスタミナだけ」日本Sに照準

◆「投げることが出来たこと自体が良かった」

 8月に右ひじの手術を受け、リハビリを続けていたオリックスの山岡泰輔が16日、日本シリーズを前に京セラドーム大阪で行われた紅白戦に登板。「自分では、いけるという準備だけはしておく」とシリーズ登板に照準を当てた。

 山岡は6月22日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)の1回途中に右ひじの違和感を訴えて降板。「右ひじ関節炎」と診断され、翌23日に出場
...続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする