ヤクルト原3回途中6失点、2戦連続で先発早期降板

ヤクルトの先発原樹理投手(27)は、2回2/3を6失点で降板した。 初回から制球が定まらず、中日アルモンテに先制の2ランを許した。2回も死球と失策がからみ、さらに大島の犠飛で2失点。3回にはビシエド、阿部に本塁打を許した。2死から京田、…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする