阪神中野拓夢4戦連続犠打で均衡破る1点呼ぶ、弾いた球カバーする好守備も

阪神2番中野拓夢内野手(25)が4試合連続となる送りバントを決め、均衡を破る1点を呼び込んだ。 6回無死一塁。大野雄の137キロを三塁前に転がし、犠打成功で1死二塁。直後に糸原の適時打で1点を先制し、決勝点となった。 2回にはビシエドの…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする