広島救援陣踏ん張れず「押し出し四球というのはいただけない」佐々岡監督

広島は中継ぎ陣が踏ん張れなかった。1-1の同点の8回、2番手で勝ちパターンに復帰した塹江が登板。単打2本を浴びるなどピンチを招き、1死一、三塁から佐野の一ゴロを一塁手坂倉が捕球できず、勝ち越しを許した。 1死満塁から菊池保にスイッチした…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする