日本ハム「48」最長は8年の谷元圭介、16年31ホールドで日本一貢献

日本ハムの背番号48を背負ってきたのはこれまで19人。13人が投手で、最も長く着用したのは谷元圭介(09~16年)の8年だ。 08年ドラフト7位で入団。身長167センチと小柄ながら、最速151キロの直球を武器に、1年目から24試合に登板…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする