ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズ戦を視聴するメリットとデメリット。

ダゾーンDAZNは、2020シーズンも、オリックス・バファローズの公式戦を全試合視聴することができます。

2020シーズンは、広島東洋カープ主催の試合を除く、プロ野球11球団の公式戦全試合がダゾーンDAZNでライブ配信されます。

2019シーズンは、広島東洋カープ主催の試合だけでなく、ヤクルトスワローズ主催の試合も配信されていませんでした。

ですが、2020年2月17日、ダゾーンDAZNは、「2020シーズンは、ヤクルトスワローズの公式戦主催全試合配信する。」と発表しました。

2019年シーズンは、FOD(フジテレビオンデマンド)がヤクルトスワローズ戦を配信し、ダゾーンではヤクルトスワローズの公式戦主催試合が配信されませんでした。

しかし、2020年シーズンは、2018年シーズン以来、ヤクルトスワローズの公式戦主催試合の配信が復活することになりました。

ダゾーンDAZNは、2020シーズンも、オリックス・バファローズの公式戦を全試合視聴することができるのですが、広島球場で開催される広島とのセ・パ交流戦だけは、配信されません。

でも、2020シーズンは、コロナウィルスの影響でセ・パ交流戦が中止になりました。

目次

ダゾーンDAZNで見れるオリックス・バファローズ戦の範囲

公式戦

オリックス・バファローズ主催の全試合。

アウェイで開催されるオリックス・バファローズの全試合。

つまり、ダゾーンDAZNでは、オリックス・バファローズの全試合が視聴できます。

セ・パ交流戦

ダゾーンDAZNでは、セ・パ交流戦もライブ配信されます。

ただし、2020シーズンは、新型コロナウィルスの影響で、セ・パ交流戦は中止となることが決定しています。

したがって、2020シーズンは、ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズのセ・パ交流戦をみることはできません。

なお、2019シーズンのオリックス・バファローズのセ・パ交流戦の成績は、11勝6敗1分で、12球団中で2位の成績でした。

クライマックス・シリーズ

ダゾーンDAZNでは、クライマックス・シリーズもライブ配信されます。

しかし、2020シーズンは、新型コロナウィルスの影響で、パリーグのクライマックス・シリーズが変則で開催されます。

1位・2位による対戦が11月14日(土)から4日間行われます。

1位の球団には、1勝のアドバンテージがあります。

ダゾーンDAZNで一部見れるオリックス・バファローズ戦

キャンプ中継

ダゾーンDAZNでは、公式戦の放映権の有無にかかわらず、全12球団のキャンプ中継がライブで配信されます。

したがって、ダゾーンDAZNでは、オリックス・バファローズのキャンプ中継がライブで配信されます。

オープン戦

ダゾーンDAZNでは、全試合ではありませんが、オープン戦も配信されます。

したがって、ダゾーンDAZNでは、オリックス・バファローズのオープン戦がライブで配信されます。

二軍戦

ダゾーンDAZNでは、基本的に二軍戦は配信されません。

ですが、たまに二軍戦が配信されることもあります。

したがって、オリックス・バファローズの二軍戦を気が済むまでみたいなら、スカパー!プロ野球セットがおすすめです。

ダゾーンDAZNでは見れないオリックス・バファローズ戦

オールスター戦

ダゾーンDAZNでオールスター戦が配信されたことは、過去に一度もありません。

でも、2020シーズンは、新型コロナウィルスの影響で、オールスター戦が中止になることが決定しています。

日本シリーズ

ダゾーンDAZNで日本シリーズが配信されたことは、過去に一度もありません。

2020シーズンも、ダゾーンDAZNでは、日本シリーズは配信されません。

ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズ戦を見るのメリット

ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズ戦を見るメリットは大きく以下の5点です。

・月額費用が安い
・見逃し配信がaある
・追いかけ再生ができる
・スマホやタブレット、パソコンで出先から視聴できる
・テレビの大画面でプロ野球中継を観ることもできる

ダゾーンDAZNなら、安い月額費用でオリックス・バファローズ戦を視聴できる。

なんといっても、1,750円(税抜)、ドコモユーザーは980円(税抜)という低価格な点は魅力的です。

ダゾーンDAZNなら、見逃し配信でオリックス・バファローズ戦を視聴できる。

ダゾーンDAZNでは、見逃し配信をしています。

試合終了後でもはじめから、見逃してしまったオリックス・バファローズ戦をダゾーンDAZNで観ることができます。

ですが、いつまでも、見逃し配信がされるわけではありません。

見逃し配信の期間は、だいたい一週間です。

ダゾーンDAZNなら、追いかけ再生でオリックス・バファローズ戦を視聴できる。

また、試合途中であっても、追いかけ再生で、オリックス・バファローズ戦を初めから観ることができます。

ダゾーンDAZNでは、スマホやタブレット、パソコンで出先からでもオリックス・バファローズ戦を視聴できる。

ネット環境があれば、電車内でもカフェでも、旅行先でもスマホやタブレット、パソコンでオリックス・バファローズ戦を視聴できるのも非常に便利です。

ダゾーンDAZNでは、テレビの大画面でオリックス・バファローズ戦を視聴することもできる

ダゾーンDAZNは、オリックス・バファローズ戦をテレビで観ることもできます。

家にいる時は大画面で、出先ではスマホやタブレットでオリックス・バファローズ戦を観戦を、といった使い分けも可能です。

まとめ

このように、ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズ戦を観るという手段には5つの大きなメリットがあるのです。

ダゾーンDAZNは、登録から1ヶ月間は無料でお試し利用できますので、一度試してみるといいでしょう。

また、ダゾーンDAZNはいつでも、最大6カ月間、「一時休止」ができます。

オリックス・バファローズ戦がないシーズンオフには、「一時休止」にしておけば、月額料金は課金されません。

⇒ドコモユーザーの方はこちら

⇒ドコモユーザーでない方はこちら

ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズ戦を見るデメリット

ここまで、ご紹介してきましたようにDAZNでは、

・広島東洋カープ

のみ主催試合の中継はありません。

2020シーズンは、コロナウィルス感染拡大の影響でセ・パ交流戦は開催されませんが、広島球場で開催されるセ・パ交流戦は配信されません。

だから、広島球場で開催されるオリックス・バファローズと広島東洋カープの試合は配信されません。

また、他にも以下の点は注意点として知っておくといいでしょう。

・阪神の主催試合に関しては、実際の試合から5分ほど遅延がある
・ネット回線の混雑状況により、映像の質が悪くなることがある(気にならない程度)

阪神の主催(ホーム開催)試合に関しては、5分ほど遅れて中継が始まります。

だから、甲子園球場で行われるオリックス・バファローズ対阪神タイガース戦は、5分遅れでの配信になります。

具体的には18時にプレイボールの試合の場合には、DAZNでは18時5分にプレイボールとなります。

そのため、一球速報などをDAZNでの中継途中に見てしまうと、先に結果を知ってしまうということになりますので、注意が必要です。

またサービス特性上、ネット回線の混雑状況に影響されますので、19時以降など混雑する時間帯にまれに映像の質が悪くなったり、一瞬止まったりする場合があります。

ただ、DAZNはこれらデメリット以上に値段が安いので、気にする方はあまりいないとは思います。

「どうしても気になる!」という方は、以降でご紹介するスカパー!を契約するようにしましょう。

「スカパー!プロ野球セット」ならプロ野球12球団の全試合を中継!キャンプやオープン戦、2軍公式戦も中継!

「スカパー!プロ野球セット」なら、DAZNでは観られない「カープ」の主催試合も含めて、プロ野球12球団全ての試合中継を観ることができます

そのため、「カープ」ファンの方にはもちろん、「対カープ」のアウェイでの試合が観られないのは嫌だ!という方にもオススメ。

しかも、リーグ公式戦の全試合完全中継するのはもちろん、
・春季・秋季キャンプ中継
・オープン戦中継
・2軍公式戦中継
・特別番組の中継
もしています。

月額費用は、4,075円(税抜)とDAZNと比べると高めではありますが、DAZNでは観られないコンテンツが満載ですので、プロ野球が好きな方は契約することをオススメします。

「スカパー!プロ野球セット」のメリット

「スカパー!プロ野球セット」のメリットは、ご紹介してきたように「プロ野球に関するコンテンツを一通り観られること」のほかに、インターネット回線の混雑度に影響されない「映像のクオリティの高さ」が挙げられます。

DAZNはネット回線を使うため、環境によってはどうしても若干の遅延が気になる場合があります。

「スカパー!プロ野球セット」は、テレビでの視聴になりますのでネット回線に左右されずに楽しむことができます。

ちなみに、スカパー!はテレビはもちろん、スマホやタブレット、パソコンでも視聴ができます。

「スカパー!プロ野球セット」のデメリット

「スカパー!プロ野球セット」のデメリットは、DAZNの1,750円(税抜)というリーズナブルな価格と比較すると、どうしても高く感じられます

ほかにも、「アンテナ工事しないと観られない可能性」があります。

この値段の高さと、工事が必要な可能性があるという2点がネックになりそうです。

オリックス・バファローズ戦の中継を、テレビ(地上波・BS・CS)で観たい!

プロ野球中継をテレビ(地上波・BS・CS)で視聴するメリットは、インターネット回線が要らないという点です(ケーブルテレビやアンテナ工事が必要な場合あり)。

一方でデメリットは、手段によっては観られる試合が少なかったり、中継時間が短かったりします。

以降では、
・地上波、BS(無料チャンネル)
・BS、CS(有料チャンネル)
で観る方法に分けてご説明します。

オリックス・バファローズ戦を地上波、BS(無料チャンネル)で観たい!

結論から言うとオリックスの主催試合をメインで放送している局は、地上波、BSの無料チャンネルの中では、「BS12 トゥエルビ」だけです。

「BS12 トゥエルビ」は、パ・リーグ4球団(オリックス、ロッテ、楽天、西武)の主催試合を年間60試合中継する無料の放送局です。
よって、オリックス戦の中継はBS12でやっている試合に限り無料で観られます。

しかし、年間を通したら4球団で60試合のみですので大半の試合が観られないことになります。

また、BSが映らない家庭もあるでしょう(BSの12チャンネルが映るか試してみてください)。

このような理由から、オリックス戦を地上波・BSの無料チャンネルで観るという方法は試合数がかなり限られてしまいます。

オリックス・バファローズ戦を、BS・CS(有料チャンネル)で観たい!

オリックス戦を、BS・CSの有料チャンネルで観たいのであれば「スカパー!プロ野球セット」がオススメです!

「スカパー!プロ野球セット」は、オリックスをひいきに紹介するJ SPORTS 3はもちろん、プロ野球12球団のすべての中継をまとめたパックです。

オリックスのリーグ戦はもちろん、春季・秋季キャンプの模様を中継したり、オープン戦や2軍公式戦の中継をしたりと、オリックスの熱狂的なファンのあなたにとってたまらない内容となっています。

月額費用は、4,075円(税抜)とイチオシの「DAZN」と比較すると高めですが、キャンプやオープン戦、2軍公式戦の中継をしているのは「スカパー!プロ野球セット」だけです!

初月無料でお試しができますので、まずは登録して視聴してみてはいかがでしょうか?

オリックス・バファローズ戦の中継をネット配信サービスで観たい!

オリックス戦の中継をネット配信サービスで観るメリットは、時間や場所を気にせずにオリックスを楽しめる手軽さでしょう。スマホやタブレットを使い外出先からもオリックス戦を観られますし、試合中継が観られなかった場合も見逃し配信がありますので安心です。

一方でデメリットは、手段によって観られる試合が限られてしまいますので、サービスをよく比較検討する必要があります(イチオシは「DAZN」!)。

ここからは、オリックス戦を中継する、「DAZN」「パ・リーグTV」「Rakuten TV パ・リーグ Special」「パ・リーグLIVE」「スカパー!オンデマンド」をご紹介していきます。

DAZN(ダゾーン)

DAZNは、記事冒頭でイチオシのサービスとして挙げましたが、カープを除いたプロ野球11球団の全試合を完全中継するネット配信サービスです。

2020年シーズンは、プロ野球の開幕延期により交流戦は中止となりましたので、オリックス戦はすべての試合を中継します。

なおDAZNではプロ野球以外にも、MLB(メジャーリーグ)やテニス、欧州サッカー、バスケ(Bリーグ)といった多彩なスポーツ中継をしていますので、年間を通してスポーツのライブ中継が楽しめます。

加入から1ヶ月無料でお試しできますので、登録してみてください。

DAZNの詳細をチェックする

パ・リーグTV

パ・リーグTVは、パ・リーグの全てを試合開始から終了まで中継するネット配信サービスです。

月額費用は、1,450円(税抜)ですがオリックスのファンクラブ会員の場合には950円(税抜)で利用できます(交流戦期間中は、1,450円)。

パ・リーグTVでは、「さまざまなアングルから中継を楽しめる機能」「過去7年間の試合を楽しめる機能」など独自の機能を展開しています。

また、オープン戦や2軍公式戦の中継もしていますので、年間を通してオリックスを応援したいという方にオススメです。

Rakuten TV パ・リーグ Special

Rakuten TV パ・リーグ Specialは、月額639円(税抜)というリーズナブルな価格でパ・リーグ全試合を中継するネット配信サービスです。

ただし、セ・リーグ球団主催の交流戦(2020年は中止)、春季キャンプ情報、オープン戦などは配信していません。

パ・リーグLIVE

パ・リーグLIVEは、月額費用463円(税抜)とすべての選択肢の中で最安の料金でパ・リーグの中継を楽しめるネット配信サービスです。

ただし、交流戦(2020年は中止)のセ・リーグ球団が主催する試合や春季キャンプ情報、オープン戦は中継していません。

また、スマホとタブレットでの視聴に限定されます(テレビやパソコンでは観られない)。

スカパー!オンデマンド

スカパー!オンデマンドは、プロ野球12球団の全試合、春季・秋季キャンプ中継、オープン戦や2軍公式戦の中継、特別番組などをネット配信するサービスです。

なんと、「スカパー!プロ野球セット」に加入することで無料で利用できます。

オリックス戦の中継を自宅のテレビでも、外出先でスマホやタブレットで楽しみたい!という方にオススメです。

ダゾーンDAZNで西武ライオンズ戦を視聴するメリットとデメリット。

ダゾーンDAZNでソフトバンクホークス戦を視聴するメリットとデメリット。

ダゾーンDAZNで楽天イーグルス戦を視聴するメリットとデメリット。

ダゾーンDAZNでロッテマリーンズ戦を視聴するメリットとデメリット。

ダゾーンDAZNで日ハムファイターズ戦を視聴するメリットとデメリット。

ダゾーンDAZNでオリックス・バファローズ戦を視聴するメリットとデメリット。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする