巨人小林誠司がまさかの捕邪飛落球 捕球直前ミット引く 直後8回に代打

巨人小林誠司捕手(32)が捕邪飛失策を犯した。 8回1死、DeNA柴田の飛球を三塁手岡本和とお見合い。1度は両手を広げて捕球する意思を示したように見えたが、捕球直前にミットを引き、打球はフェアグランド内で落下した。ボールに触れずにバウン…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする