牛島和彦嫁/結婚相手,子供(息子)は?若い頃や現在も紹介!!

本日は中日、ロッテで主にストッパーとして活躍した牛島和彦さんの嫁や結婚相手や子供について紹介します!

そして若い頃や現在についても紹介しますので、ご覧ください!若い頃から怖かったですね(^^;

牛島和彦のプロフィール出身地・経歴・成績等のプロフィール

G6BZUDmg 牛島和彦嫁/結婚相手,子供(息子)は?若い頃や現在も紹介!!

引用元:ミドルエッジ

プロフィール

  • 出身地 大阪府大東市
  • 生年月日 1961年4月13日(59歳)
  • 身長 177cm
  • 体重  70kg

経歴

  • 浪商高等学校
  • 中日ドラゴンズ (1980年~1986年)
  • ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ (1987年~1993年)
  • 横浜ベイスターズ【監督】(2005年~2006年)

通算年成績

  • 登板395試合905.0回
  • 53勝64負126S
  • 防御率4.32

牛島和彦さんは主にロッテや西武で活躍した選手です。

抑えとしての起用が主な起用法で最優秀救援のタイトルも獲得しています。

中日への入団でしたが、途中ロッテへトレードで移籍します。

これは知る人ぞ知るあの球界の代打者である落合博満さんとの4対1との歴史的トレードです。この中に牛島和彦さんも含まれていました。

元々ナゴヤ球場近くに自宅を購入し中日に骨を埋めるつもりだった牛島和彦。ですのでこのトレードの話が来た時は猛反対したそうです。

しかし当時の星野仙一監督が牛島和彦さんをわざわざ自宅に呼び、直々に説得したという話も残っています。

ロッテ移籍後も主に抑えとして活躍しました。

そして現役引退後は解説や評論家をしたのちに、横浜ベイスターズの監督に就任。3年連続最下位のチームを3位…Aクラスにしますが、翌年に最下位の6位に転落したため、その責任をとって辞任しています。

その後は解説に復帰しています。

牛島和彦の嫁/結婚相手,子供は?

そんな牛島和彦さんですが、結婚相手のお嫁さんはどんな方なんでしょうか。

牛島和彦さんの嫁…結婚相手は光江さんという方です。

2人の熱愛が発覚したのは1984年。その前年の1983年には牛島和彦さんは光江さんを紹介しています。

2人の出会いは光江さんの話によると

「1982年初夏に友達グループでお酒を飲みに行った時に牛島和彦さんと初めて会いました。若いにも関わらず自分をしっかり持っていて、両親の老後のことまで気を配って感動しました。」

とのこと。うーん、今でいう合コンってやつですかね。
(月曜から夜ふかしを見ると若い人にとってもう合コンって言葉も死後らしいですが(^^;)

当時からプロ野球選手はモテそうですからねー

お子さんに関してはなんと3人の子宝に恵まれており美穂さん、栞さん、昌憲さんというそうです。

お子さんの職業に関しては何も出てきていないので、野球選手やテレビ関係のメディア系の仕事ではないかと思います。

息子さんもしかして野球関係かと思ったんですが(;’∀’)

牛島和彦の若い頃の写真は?

そんな牛島和彦さんの若い頃ですが、こんな写真が残っています。

G6BZUDmg 牛島和彦嫁/結婚相手,子供(息子)は?若い頃や現在も紹介!!

引用元:スポニチ

これは牛島和彦さんが高校生の頃の写真ですね。リーゼントというのが時代を感じますね。

この髪型も想像できるように若い頃は相当ヤンチャで甲子園でピンチにマウンド監督から伝令に来た選手に

「俺が抑えるから黙っとけ!」

一蹴したそうです(;’∀’)

当時は昭和50年代…恐らく今よりも相当年功序列の厳しいと思える状況で監督にこれだけ言えるのはすごいですね。

そして横に写っている方は野球ファンならご存知かもしれませんが、ドカベン香川こと香川伸行さん!

実は高校時代にバッテリーを組んでいました。バッテリーでプロ野球になるって結構珍しいと思います。

2014年に52歳という若さで亡くなってしまいました。牛島和彦さんはその当時、香川さんの死について「悲しい」と率直な感想を述べています。

高校時代とプロを共にした仲間が先に旅立つのはやっぱり悲しいですよね…。

牛島和彦の2020年現在は?

G6BZUDmg 牛島和彦嫁/結婚相手,子供(息子)は?若い頃や現在も紹介!!

引用元:スポーツコミュニケーションズ

そんな牛島和彦さんですが今も解説、評論家として活躍しています。

写真は2019年の写真ですが、まだまだお若いですねー
1961年生まれで来年には還暦迎えられるんですが、全然そんな風に見えませんね(^^;

野球解説も今聞いても全然安定感があります。恐らくまだ仕事は続けるでしょう!…というより聞きやすいので是非続けてもらいたい(笑

ということで本日は牛島和彦さんについて紹介しました。最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする