近藤が「7番・左翼」、先発投手は山本 侍ジャパン、準決勝・韓国戦スタメン

◆ 勝てば決勝進出&銀メダル以上が確定

 東京五輪での金メダルを目指す野球日本代表・侍ジャパンは4日、横浜スタジアムで韓国代表と準決勝を行う。そのスタメンが発表された。

 野手では近藤健介が「7番・左翼」で今大会初スタメン。それに伴い、オープニングラウンド初戦から3試合連続スタメンだった菊池涼介が外れ、これに伴い吉田正尚が左翼から指名打者、山田哲人が指名打者から二塁へポジションを移した
...続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする