広島4年目中村奨成が待望のプロ1号「初球からしっかり入っていこうと」

広島4年目の中村奨成捕手(22)が、待望のプロ1号ソロを放った。5点リードの8回先頭で先発森下の代打として登場。カウント1-1からの3球目、DeNA石田の真ん中に甘く入った127キロ変化球を強振。打球は高々と舞い上がり、左翼席に着弾した…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする