元ロッテ・ジャクソン投手を嫌疑不十分で不起訴処分

広島地検は4日、大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された、プロ野球の広島やロッテに在籍したジャクソン・ジュニア・ランディー元投手(32)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。「事実を…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする