ヤクルト青木と坂口はスタメン落ち 荒木を1番起用

ヤクルトは、荒木貴裕内野手(33)が今季初めて「1番・左翼手」でのスタメン出場となった。「2番・右翼手」には、2試合ぶりに塩見泰隆外野手(27)、二塁手には、広岡大志内野手(23)が入った。 吉田大喜投手(23)と井野卓捕手(36)の先…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする