【八木裕 神眼スコープ】12戦終えノーアーチ4番・大山よ「タイミングを大きく取り過ぎるな」

 (セ・リーグ、阪神0-3巨人、3回戦、阪神2勝1敗、8日、甲子園)阪神は巨人の先発・高橋に八回途中2安打無失点と好投を許し、今季2度目の零封負け。打線が10奪三振と粘投した先発・秋山拓巳投手(29)を援護できず、連勝は「4」でストップした。3点を追う九回無死二塁でも見逃し三振に倒れるなど4打数無安打、12戦を終えノーアーチの4番・大山悠輔内野手(26)へ、球団OBの八木裕氏(55)=本紙専属評論家=は「タイミングを大きく取り過ぎないこと」と提言した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする