広島・松山が負傷交代 蔦木トレーナー「下半身のコンディション不良」

 (セ・リーグ、ヤクルト11-7広島、3回戦、ヤクルト2勝1敗、8日、神宮)広島の松山が五回の左翼守備で、山崎の左越え二塁打を処理した際に下半身を痛めて交代した。蔦木トレーナーは「下半身のコンディション不良。明日以降は状態を見て判断する」と話すにとどめた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする